Connect

1 つのソリューションでレガシーシステムから次世代クラウドおよびデータプラットフォームにデータをシームレスに統合する

デモをリクエストする

シームレスなデータアクセスと収集

Connect を使用すると、メインフレームからクラウドへのデータ統合を制御できます。高度な分析、総合的な機械学習、およびシームレスなデータ移行のために、バッチおよびリアルタイムのデータ取り込みによってデータを統合します。

Connect は、メインフレームソートや IBM i のデータ可用性およびセキュリティ分野のリーダーとして Precisely が数十年にわたって積み重ねてきた専門知識を活用して、複雑なデータのアクセスと統合で業界をリードします。ELT および CDC のあらゆるニーズに対応するさまざまなソースとターゲットのサポートによって、最も重要なビジネスプロジェクトのすべてのエンタープライズデータへのアクセスが保証されます。ソースとターゲットには、以下が含まれます。

  • メインフレームデータ: VSAM、IMS、COBOL コピーブック、メインフレームの固定長ファイルおよびシーケンシャルファイル
  • RDBMS: Oracle、SQL Server、Db2 for z/OS、Db2 for i、Db2 for LUW、MySQL、Sybase、PostgreSQL
  • 半構造化されたデータ: JSON、XML
  • エンタープライズデータウェアハウス: Teradata、IBM Netezza、Vertica、Greenplum
  • クラウドプラットフォーム: Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform
  • クラウド分析: Azure Synapse AnalyticsClouderaDatabricksSnowflake
  • ビッグデータ: Hadoop、Hive、Impala、Apache Avro、Apache Parquet、Apache Spark
  • ストリーミングプラットフォーム: Apache Kafka
  • フラットファイル: 固定長、可変長、区切り。

    Connect from Precisely
    Connectは、データレプリケーションに比類のないスケーラビリティと効率を提供します。
CDC によるリアルタイムデータ複製

日常的にデータの遅延が発生する環境では、古い情報を使用してビジネス上の意思決定を行うことになります。データに変更が生じたときに、その変更を分析レイヤーおよびレポートレイヤーに取り込み、反映させるデータ複製ソリューションが必要です。Connect は、アプリケーションデータに変更が生じたときにその変更を共有するデータパイプラインを構築できる、汎用性の高いソリューションです。

Connect のリアルタイム複製機能によって、データベースはレポート、分析、およびデータウェアハウスに対して確実に同期されます。階層データストア (IMS、VSAM)、リレーショナルデータベース、ストリーミングフレームワーク、クラウドにわたって変更が生じたときに、その変更を複製します。さまざまなアーキテクチャとトポロジーをサポートします。Connect の回復力のあるデータ配信により、データフロー内で中断が発生することはありません。

Connect を採用すれば、システムを心配することなく、ビジネスに重点を置くことができます。ネットワークに負荷をかけすぎたり、パフォーマンスに影響を与えたりすることなく、必要な変更をリアルタイムで取り込むことができます。

Connect を使用して、リアルタイムストリーミングデータパイプラインを構築する方法の詳細については、次の eBook を参照してください: レガシーデータのストリーミングにより、リアルタイムにインサイトを得る

環境の最適化とパフォーマンスの最大化

データ、ユーザー、予測不能なピーク需要の増加に対応できるデータ統合ソリューションが必要です。そのために、予測可能なパフォーマンスとスケーラビリティが必要です。Connect はその両方を提供します。

Connect は、実行時にデータ構造とシステム属性に基づいて最も効率のよいアルゴリズムを動的に選択する、自動調整エンジンを備えた唯一のソリューションです。ジョブがオンプレミスかクラウドにあるかに関係なく、最大限のパフォーマンスを引き出します。ETL プロセスの場合、Connect ユーザーはパフォーマンスを 10 倍に向上させ、開発時間を何百時間も短縮しました。

Connect は、データ複製に比類ないスケーラビリティと効率性を提供しています。Connect は、データベースとシステムログを通じて変更を見つけて下流に複製することで、ネットワークへの影響を最小限に抑えます。Connect では、これらのシステムで実行されているアプリケーションに影響を与えることなく、この機能をすべて実行できます。

詳細については、当社の eBook をご覧ください: 『ビッグデータプロジェクトの成功に向けたデータインテグレーターガイド (データ統合担当者のためのビッグデータプロジェクト成功ガイド)

将来に備えたデータ変換

変化するビジネスおよびテクノロジのニーズにインフラストラクチャを適応させるのを支援するソリューションが必要です。Connect では、スキルと未知のテクノロジの両方に対して将来に備えたデータ統合アプローチを採用できます。Connect では、新しいソースとターゲットを 1 回の設計で統合し、どこでもアプローチを展開するのが簡単になります。Spark、MapReduce、Linux、UNIX、Windows へのオンプレミスまたはクラウドでの展開のためにワークフローを視覚的に設計できます。データ統合ニーズの拡大に対応するために、ジョブを修正したり、新しい専門スキルに投資したりする必要はありません。

Connect によって、実行に使用しているプラットフォームや貴重なデータが保存されている場所を心配する必要もありません。人的リソースを無駄にすることなく、データベースに保存されている何百、何千ものテーブルのデータを簡単にインポートできます。Connect を使用すると、数分でデータベースのスキーマ全体をポイント、クリック、オンボードで表示できます。

Connect from Precisely

利点

統合を簡素化
1 つのソリューションアプローチを使用して、クラスターフレームワークまたはクラウドフレームワークの統合、準備、ロード、クレンジング、変換、ストリーミングを実行
データへのアクセス
統合を安全に維持しながら、メインフレームや IBM i からクラウドにすべてのエンタープライズデータを統合
リアルタイムレプリケーション
下流のアプリケーション、データレイク、およびデータウェアハウスで使用できるように、データへの変更を瞬時にストリーミング
将来に備える
新しいソースとターゲットを迅速かつ簡単に追加。再開発を必要とせずに新しい環境に展開

さらに詳しく

Artboard 1 copy 56

Solution Sheet

Connect

ダウンロード
Artboard 1 copy 38

eBook

クラウド用にデータ統合を 最新化するための 5 つのヒント

ダウンロード
Artboard 1 copy 38

eBook

データ統合の バイヤーガイドと チェックリスト

ダウンロード

デモのリクエスト:
Connect

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.