Syncsort Optimize DB2

基本的なチューニングに加えて、z/OS ワークロード上での Db2 のパフォーマンスを最適化し、リソースを節約してアプリケーションや環境の変更による悪影響を軽減します

デモをリクエストする

メインフレームの Db2 パフォーマンスの向上

Syncsort Optimize DB2 は従来の Db2 パフォーマンスツールを補完します。従来のツールは SQL 文のリアルタイム監視と静的 SQL ワークロードの履歴分析に重点を置いていましたが、Syncsort Optimize DB2 は動的 SQL と静的 SQL のパフォーマンス最適化のために、独自のエンドツーエンドの「ワークロード中心型・ワークロード対応型」アプローチを採用しています。

Syncsort Optimize DB2 を使用すると、DB2 SQL ワークロードを簡単に監視することができ、アプリケーションプログラマー、DBA、パフォーマンスアナリストは、高コストまたは問題のあるステートメントをすばやく特定するために、静的 SQL と動的 SQL を収集することができます。SQL ワークロードの多次元分析を含む重要なパフォーマンスデータは、SQL メトリック用に掘り下げてパスへのアクセスを可能にします。

Syncsort Optimize DB2

ワークロードの最適化

Syncsort Optimize DB2 は、z/OS 上で Db2 SQL ワークロードのパフォーマンスを分析し最適化するための最先端のソリューションです。DBA は Db2 リソースの節約に役立ち、パフォーマンスを向上させ、アプリケーションおよび環境の変更の影響を劇的に削減します。

Syncsort Optimize DB2 のトレーサとキャッシュツールは、多くのシステムリソースを消費する隠された SQL 文を明らかにし、高度な統合で静的 SQL と動的 SQL をキャプチャすることによって、Db2 システムの最適化を支援します。環境やアプリケーションの変更が、パフォーマンスとリソース消費にどのように影響するかを特定できます。Syncsort Optimize DB2 のインデックスアナライザーを使用して、実際の SQL ワークロードと本番データの特性に基づき、インデックスがどれほど効率的に Predicate 使用をサポートしているかを判断することができます。

ターゲットアプローチへの優れた可視性

パフォーマンスの最適化は、分散型の Java および .Net アプリケーションや、SAP®、PeopleSoft® を含む特別なクエリリポートツールやパッケージアプリケーションからの増え続ける動的 SQL によって複雑化しています。このような課題に直面すると、パフォーマンスの問題を引き起こす SQL を特定することが難しくなる可能性があります。

Syncsort Optimize DB2 は異なるリテラルおよびその他の変数情報を持つ場合、その他の点で同じステートメントのメトリックを統合します。Syncsort Optimize DB2 は、統合された SQL 文でワークロードがどのように分散されているかを判断し、この情報を使用してパフォーマンスを管理し最適化するためのツールを提供します。

Syncsort Optimize DB2 の Impact Analyzer ツールは、変更がパフォーマンスにどのような影響を与えるかを予測することも可能にし、アプリケーション SQL やシステム環境の変更時の有害な影響の可能性を回避しやすくします。

利点

コスト削減
現在のハードウェアとソフトウェアのコストを削減し、未来のアップグレードを回避
CPU 時間の保存
Db2 CPU 時間を 50% 軽減することにより、効率を向上
リスクの低減
移行やその他の変更後にシステムをスムーズに稼働
設計の改善
新規および既存のアプリケーションのインデックス設計が正しいことを確認

さらに詳しく

Artboard 1 copy 56

Solution Sheet

Syncsort Optimize DB2

ダウンロード
Artboard 1 copy 23

Customer Story

Workload-Centric Solution Saves Supermarket Chain Money – Today & Tomorrow

ダウンロード

デモのリクエスト:
Syncsort Optimize DB2

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.